無一居

写真レンズの復刻「むいちきょ」
紀元2012年1月創業

写真・映画レンズの歴史的名玉の再生産

当初は中国で作ることで進めていたのですが、最終的に東京で製造しております。

基本的にライカL39マウント距離計連動で作ります。

院落P1は中古でも入手したいという方のご連絡を時々いただきます。
不要となりましたらお引き取り致しますのでご連絡下さい。尚、以下の販売品が全部完売してから次のレンズを製作しますが、次回もキノ・プラズマートで今度はf1.5、おそらく75mmです。50mmの可能性もありますが、それでもf1.9の方の需要もあります。小店が以前より一貫して50mmはf1.9あるいはf2だと申し上げておりますので、こちらを評価している方もいらっしゃいます。しかし75mmはf1.5に限ります。初代の原始f1.5を復刻いたします。光学設計のみ入手できております。引き続き東京・木下光学で製造します。中国などからのオファーは全て拒否してますので、安価にはなりませんのでご了承下さい。



戦前キノ・ガウスの標準 スピード・パンクロ
「香箋」G1 50mm f2

詳細  小店での作例 お寄せ頂いた作品  2022.09.25

 100年以上長期に改良されながら今でも本家の英クックが製造している名作です。古くは戦前のハリウッドで圧倒的なシェアを持っていたキノ(映画)玉ですが、傑作とされているリーによる31年設計はモノクロ時代のものです。オリジナルは映画用の画角に絞っているので、ガラスの直径を大きくしているところのみ変更しています。光学設計は変えていません。

 ボケ玉と言ってもいろいろありますが、英国人がボケ玉を規定するとこうなるという見本のような玉です。良いものは決してセンスが古くなりませんが、それも様々です。日本の男性というのはイタリアンのスーツを着たがるようで、それを日本で解釈したものが一般的だそうです。格好が良くありませんので何で評価されているのかよくわかりません。イタリアンは異性を意識したものなのでオフィスには不向き、妥協して変な方向に行っています。金を出せばキートン(露大統領御用達で有名)などがありますので全てがそういうものではありませんが、こういうのは情報機関系の人が好む傾向です。フランスではフォレスティエールが思い浮かびます。洒落ていると言っても全然違うことがわかりますが、どちらもおそらく100年後でも古くはならないであろうという共通点はあります。しかし不滅と言えば英国です。ロンドン・メイフェアに並ぶ名店の数々が不朽の価値があるものを製造しているのは、日の没することなき大英帝国時代に世界のセンスを吸収し、それを洗練して絶妙なバランス感覚を手に入れたからです。英国人にしか無理というものがあります。全くの普通、普遍美の究極です。女性の多くは捜査の進展よりもシャーロック・ホームズとワトソン博士の服の方に関心を抱いてそのために映画を見ます。ポワロだとそれはない。おそらくジェームズ・ボンドもない(これは英なのですが新しいのでしょう)。これが英国クラシックです。その最高のボケ玉がこれだと。

香箋 G1 50mm f2
無一居 院落P1で香箋G1をライカM9にて撮影

香箋 G1 50mm f2 195,000円
製造数:50

香箋G1 帝国劇場
銀座の古いビル 帝国劇場 f2 ライカM9

香箋G1 舞台
新宿・初台 舞台 f2 ライカM9

香箋G1 渋谷横丁のネオン
渋谷 渋谷横丁のネオン f2 ライカM9

クック スピード・パンクロの復刻
2023年秋、クック社がミラーレス用にクラシックなスピード・パンクロを復刻しました。



タンバールへのオマージュ
「花影」S1 60mm f2.2

経緯と詳細 小店での作例 お寄せ頂いた作品 2014.07.13完成

 ライカ・タンバールと同じような特性のレンズを60mm(厳密には58mm)に変えて作りたいということで開発しました。キノ(映画)用の収差が入っていますので扱いやすい玉ではありません。発色がこれだけ艶やかに表現するものは他にないでしょう。国産のミラーレスでは艶やかな色はなかなか出せないのですが(進歩もしてくるとは思いますが)、デジタル処理で色を加えるのと、元からあるものを引き出すのでは違うので、デジタルで調整した時に着色とは違う良さが感じられると思います。

花影S1 花影S1a
 ライカ L39距離計連動です。ゴールド(Nr.70-99)は真鍮剥出しのもので酸化が進むと色が濃くなってきます(既に濃い黄色になっております)。ブラック焼き付け(Nr.20-69)は弱く、角が剥がれやすい仕様でオーダーしていますので、角を磨いて真鍮地を出すなどして使うこともできます。ブラックのみガラスコーティング無しのモデル(Nr.01-19)もあります(モノクロ撮影はコート無しが良いと思います)売切。製造は100本のみで追加生産はありません。重量は360gです。

花影 S1 60mm f2.2 125,000円

製造数:100 真鍮剥出(金)のみ在庫有り
 本レンズは評価が賛否大きく別れています。傑作といっていただき複数本収蔵する方もおられれば、使えない駄作だと言われる方もいます。作例は多数掲載していますのでしっかり見てからご選択いただきますようお願いします。光学の歴史上、最もゴージャスで貴族的な玉ですが、使いこなしは容易ではない、ビューファインダーで撮るから難しいのかもしれません。ライカであれば枠しかわからない、その方が撮りやすい、これは全てのレンズに言えると思います。

花影S1 モノクロフィルム 二胡を拉くShibaten
北京新街口界隈 Shibatenさん f2.5 ライカM3 ネオパン ガラスコーティング無(北京のプロラボでスキャン)

花影S1 花
東京麻布十番界隈 花 f2.5 ライカM9 ガラスコーティング無

花影S1 街灯
東京麻布十番界隈 街灯 f2.5 ライカM9 ガラスコーティング無

花影S1 友達と雑談する女学生
アンコールワット エプソンR-D1 ガラスコーティング無

花影S1 壊れた石組
アンコールワット エプソンR-D1 ガラスコーティング無


ライカ タンバールの復刻
2016年、ライカ社がズマロン28mmf5.6を復刻しましたが、2017年はタンバールでした。



富岡光学レンズの復刻
小店が製造をお願いしている東京の木下光学研究所さんも旧・富岡光学時代の古い設計のレンズを復刻しています。




Creative Commons License
 Since 2012 写真レンズの復刻「無一居」 is licensed under a Creative Commons 表示 2.1 日本 License.