無一居

写真レンズの復刻「むいちきょ」
紀元2012年1月創業

過去の名玉の復刻
Japan Made

 基本的にライカL39スクリューマウントで作ります。すべて手動マニュアル操作です。当初は中国で作ることで進めていたのですが、問題多数で結局東京で製造しております。

 現在在庫無しの院落 P1ですが、再生産の要望があるので、G1完成後にまたP1になるかもしれません。P1は本物より良しと評価いただいていますが(原設計に対し精度が高いだけ。これが大きな差なのではありますが。本物は個体差で当たり外れがありますので)、しかし若干のマイナーチェンジを加える計画もあります。国産のミラーレスではちょっと描写が硬くなる、というより普通だと思うのですが、軟かくということであれば、ガラスをSK15からSK10に変更することができます。屈折率はほぼ同じなので収差は動きません。色分散が僅かに違います。SK10は色収差が少し増えてパステル系に寄ります。変化はほとんどわからない微妙な差です。オリジナルはSK15です。デジタルに対応するこの程度の調整はありなのではないかと思うようになっていますし、むしろこれぐらいの方が本物に近いのではないかとも思います。



ハリウッド標準 スピード・パンクロ「香箋」G1 50mm f2

詳細  2022.09.25

 設計されて90年以上になるのですが、ハリウッドで多用され、現代でも本家の英クックが製造している傑作です。ですが、映画テレビ局用のマウントしか出ていません。写真で使っても素晴らしいのでライカマウントで作ることにしました。特許でデータが出ているのでそのまま作ります。本物は映画用の画角に絞っているので、ガラスの直径を大きくして暗角が出ないようにしています。
香箋 G1 50mm レイアウト図

香箋 G1 50mm f2 195,000円

製造数:50
予約はおそらく必要ありません。完成して仕様が全て明確になってからご検討下さい。
完成は来年の3月ぐらいの予定です。



タンバールへのオマージュ「花影」S1 60mm f2.2

経緯と詳細 小店での作例 お寄せ頂いた作品 2014.07.13完成

 ライカ・タンバールと同じような特性のレンズを60mm(厳密には58mm)に変えて作りたいということで開発しました。キノ(映画)用の収差が入っていますので扱いやすい玉ではありません。発色がこれだけ艶やかに表現するものは他にないでしょう。しかし国産のミラーレスではこの色は出せない、デジタルライカでないと楽しめないと思います。難しい玉ですが、これと同類の玉もまた無いでしょう。

花影S1 花影S1a
 ライカ L39距離計連動です。ゴールド(Nr.70-99)は真鍮剥出しのもので酸化が進むと色が濃くなってきます(既に濃い黄色になっております)。ブラック焼き付け(Nr.20-69)は弱く、角が剥がれやすい仕様でオーダーしていますので、角を磨いて真鍮地を出すなどして使うこともできます。ブラックのみガラスコーティング無しのモデル(Nr.01-19)もあります(モノクロ撮影はコート無しが良いと思います)売切。製造は100本のみで追加生産はありません。重量は360gです。

花影 S1 60mm f2.2 125,000円

製造数:100 真鍮剥出(金)のみ在庫有り
本レンズは評価が賛否大きく別れています。傑作といっていただき複数本在庫する方もおられれば、使えない駄作だと言われる方もいます。作例は多数掲載していますのでしっかり見てからご選択いただきますようお願いします。

花影S1 モノクロフィルム 二胡を拉くShibaten
北京新街口界隈 Shibatenさん f2.5 ライカM3 ネオパン ガラスコーティング無(北京のプロラボでスキャン)
花影S1 花
東京麻布十番界隈 花 f2.5 ライカM9 ガラスコーティング無(アプリ読込デジタル処理等一切無し)
花影S1 街灯
東京麻布十番界隈 街灯 f2.5 ライカM9 ガラスコーティング無(アプリ読込デジタル処理等一切無し)
花影S1 桜
桜 f5.6 ライカM9 ガラスコーティング無(アプリ読込デジタル処理等一切無し)


ライカ タンバールの復刻
2016年、ライカ社がズマロン28mmf5.6を復刻しましたが、2017年はタンバールでした。



富岡光学レンズの復刻
小店が製造をお願いしている東京の木下光学研究所さんも旧・富岡光学時代の古い設計のレンズを復刻しています。




Creative Commons License
 Since 2012 写真レンズの復刻「無一居」 is licensed under a Creative Commons 表示 2.1 日本 License.