無一居

写真レンズの復刻「むいちきょ」
紀元2012年1月創業

花影 S1 60mm f2.2 小店での作例3

仕様  お寄せいただいた作例   - 2014.07.17

  1. 近所で
  2. 白黒
  3. 景洪、ウドムサイ 2014年9月
  4. ルアンプラバーン1 2014年9月
  5. ルアンプラバーン2 2014年9月
  6. バンコク中華街 2014年9月
  7. アンコール・ワット 2014年9月
  8. アンコール・トム 2014年9月
  9. 麻布十番 2021年1月30日
  10. 白金 2021年3月18日
  11.  2021年3月22日

花影S1 メコン川
 ルアンプラバーンはメコン川流域にあります。これを逆光気味ですが問題なさそうな角度で撮ってみました。意外としっかり写りました。ソフトフォーカスですので描写は絵画風です。

花影S1 古い住宅の壁
花影S1 壊れた屋根と壁
 ラオスはフランスの統治下にあったので、その時代の洋風建築が残っています。こういう古いものを修理して維持していくのはたいへんです。

花影S1 ラオス航空の広告
 この街まで来ると観光客が多いので航空券を売るところがたくさんあります。ラオス航空しか飛んでおらず旧式のプロペラ機なので怖がる人が結構いるようですが、ラオス航空はこれまで無事故です。陸路でここまで来るのはたいへんなので空路を使うのが一般的です。

花影S1 衛星パラボラアンテナ
 ここにも衛星アンテナがあります。

花影S1 ラオス語表記1
花影S1 ラオス語表記2
花影S1 ラオス語表記3
花影S1 ラオス語表記4
 表記はラオス語だけでなく英語、中国語もありますが、どれもデザイン性を感じさせます。

花影S1 植物1
花影S1 植物2
花影S1 植物3
花影S1 植物4
花影S1 植物5
花影S1 植物6
花影S1 植物7
花影S1 植物8
花影S1 植物9
花影S1 植物10
 町を構成している建築素材と植物がよく調和しています。新しい部分もレンガを使うなど材料だけでなく、工法にも留意して景観を維持しています。

花影S1 ホテルの明かり1
花影S1 ホテルの明かり2
花影S1 ホテルの明かり3
花影S1 ホテルの明かり4
花影S1 ホテルの明かり5
 一部の宿やレストランはリゾートのようです。安宿でさえもリゾート地の雰囲気が味わえるように工夫されています。

花影S1 夜の露店
花影S1 首飾り
花影S1 ジュース売り
 夜遅くまで売店が出ています。絹製品が有名なところなので、布関係のものがたくさんあります。


花影S1 王宮1
花影S1 王宮2
花影S1 王宮3
花影S1 王宮4
花影S1 王宮5
花影S1 王宮6
花影S1 王宮7
花影S1 王宮8
 王宮です。今は僧院になっているようです。

花影S1 古い建物1
花影S1 古い建物2
花影S1 古い建物3
花影S1 古い建物4
花影S1 古い建物5
花影S1 古い建物6
花影S1 古い建物7
花影S1 古い建物8
花影S1 古い建物9
花影S1 古い建物10
 古い建物がかなり残っています。繁栄していた時代もあったことを窺わせます。

花影S1 古い瓦
 伝統的な瓦です。維持するための職人の継承が問題になる国が多いですが、ここではまだ大丈夫のようです。

花影S1 金の人形
花影S1 黒猫
 全てがのんびりしたところです。

花影S1 コンセント
 ツーリストが往き交う地域独特の感覚です。

コラム


  1. 近所で
  2. 白黒
  3. 景洪、ウドムサイ 2014年9月
  4. ルアンプラバーン1 2014年9月
  5. ルアンプラバーン2 2014年9月
  6. バンコク中華街 2014年9月
  7. アンコール・ワット 2014年9月
  8. アンコール・トム 2014年9月
  9. 麻布十番 2021年1月30日
  10. 白金 2021年3月18日
  11.  2021年3月22日

Creative Commons License
 Since 2012 写真レンズの復刻「無一居」 is licensed under a Creative Commons 表示 2.1 日本 License.