無一居

写真レンズの復刻「むいちきょ」
紀元2012年1月創業

花影 S1 60mm f2.2 小店での作例5

仕様  お寄せいただいた作例   - 2014.07.17

  1. 近所で
  2. 白黒
  3. 景洪、ウドムサイ 2014年9月
  4. ルアンプラバーン1 2014年9月
  5. ルアンプラバーン2 2014年9月
  6. バンコク中華街 2014年9月
  7. アンコール・ワット 2014年9月
  8. アンコール・トム 2014年9月
  9. 麻布十番 2021年1月30日
  10. 白金 2021年3月18日
  11.  2021年3月22日

花影S1 象
 アンコール・トムにも向かいます。欄干を巨人が抱えているというインパクトのある橋を渡って行きます。

花影S1 巨大な顔1
花影S1 巨大な顔2
花影S1 巨大な顔3
花影S1 巨大な顔4
 こちらは一転して男の顔があちこちにあります。巨大な顔が特徴です。

花影S1 アンコール・トムの塔1
花影S1 アンコール・トムの塔2
花影S1 アンコール・トムの塔3
花影S1 アンコール・トムの塔4
花影S1 アンコール・トムの塔5
 朽ち果てていますが、壮麗な建築だったことが窺えます。

花影S1 森に覆われる遺跡1
花影S1 森に覆われる遺跡2
花影S1 森に覆われる遺跡3
花影S1 森に覆われる遺跡4
 かなり崩れているところも多いですが、熱帯なので植物がどんどん押し上げて壊してしまうようです。森に覆われてしまっている遺跡もあります。

花影S1 観光客1
花影S1 観光客2
 観光客は世界から訪れます。

花影S1 クメール人と中国人
 クメール人と中国人です。右が中国人です。このように当時から外国の交易商人の出入りがあったようです。記録では日本人も訪れた人がいたようで、アンコールワットのあまりに美しさに祇園精舎に行き着いたと思ったようです。

花影S1 空を飛ぶ女官
 こういう空を飛ぶような題材でも重厚感があります。

花影S1 舞踊1
花影S1 舞踊2
花影S1 舞踊3
花影S1 職業図1
花影S1 職業図2
花影S1 壁のレリーフ
 踊りと職業の図だと思います。

花影S1 女官1
花影S1 女官2
花影S1 女官3
花影S1 女官4
花影S1 女官5
花影S1 女官6
花影S1 女官7
花影S1 女官8
花影S1 女官9
花影S1 女官10
花影S1 女官11
花影S1 女官12
花影S1 女官13
 アンコールワットの東にこの遺跡群の原形になったという一番古い遺跡があります。そこにもたくさんの女官図がありますが、格調と深みがあります。1つ1つに深い印象があります。結局、一番最初に作ったものが一番優れているような気がします。

花影S1 空港ロビー
花影S1 空港の広告1
花影S1 空港の広告2
花影S1 空港の広告3
 もうこれで撮影はやめようかと思いましたが、帰りにバンコクの空港で少し撮影します。ソフトフォーカスは結局、光を柔らかくすることにほかならないので、このように光を発するものは溶けたような表現が楽しめます。


コラム


  1. 近所で
  2. 白黒
  3. 景洪、ウドムサイ 2014年9月
  4. ルアンプラバーン1 2014年9月
  5. ルアンプラバーン2 2014年9月
  6. バンコク中華街 2014年9月
  7. アンコール・ワット 2014年9月
  8. アンコール・トム 2014年9月
  9. 麻布十番 2021年1月30日
  10. 白金 2021年3月18日
  11.  2021年3月22日

Creative Commons License
 Since 2012 写真レンズの復刻「無一居」 is licensed under a Creative Commons 表示 2.1 日本 License.