無一居

写真レンズの復刻「むいちきょ」
紀元2012年1月創業

ドイツ光学の指標
シネゴール「醉墨」E3 50mm f1.9

2015.11.22

 ゲルツ Goerzの名設計師 ルバート・リヒター Robert Richter(トポゴンの設計で有名)は、エミール・フォン・フーフ Emil von Hörgh、フランツ・アーバン Franz Urbanと引き継がれてきた伝統とは異なる設計を1925年2月13日に2つの特許として出願しました。

 フーフはダゴール、それをアーバンはセロール、ドグマーという形で昇華させ、一般撮影用だけでなく映画用も販売していました。これらは長年ゲルツの主力でした。対してリヒターはトリプレットとエルノスターの2つの選択肢を用意しました。ハイパー、もう1つは幻のエルノスター、おそらくシネゴール Cinegor(独特許 DE428825)と思われるものでした。翌1926年にゲルツは改組されツァイス・イコンとなりますが、リヒターはツァイスにそのまま在職して幻のエルノスターから貼り合わせを無くした設計で特許を取っています(独特許 DE724605)。しかしツァイスはおそらく製造せず何らかの形でドイツの別の光学会社 フーゴ・メイヤー Hugo Meyerに譲りました。おそらくリヒターが移籍したものと思います。そしてメイヤーはそれにプリモプラン Primoplanと名付けました。50mm f1.9でした。

 アーバンはドグマー以外にもダゴール (米特許 US1641402)、おそらくリンカイオスコープ (仏特許 FR597670)も改良するなど主に旧来の設計を維持する作業を続けていましたが、1923年にフォクトレンダー Foigtlanderより移籍加入した新参でベルリン人のリヒターには新しいものを取り入れることが求められていたように思います。1926年のツァイス・イコンへの合併、リストラの3年前ですがリヒターは合併を回避しようとするゲルツの期待を背負っての獲得であった筈で、それはこのプリモプランやハイパーゴンなどの高度な設計を見るとリヒターの獲得が正しかったことがわかるように思います。同じくツァイス・イコンに合併するエルネマン Ernemannは1920年にほとんど教育を受けていない20歳のベルテレ Ludwig Jakob Berteleを雇用抜擢し1922年エルノスターの完成に至りますが、それでも合併消滅に遭っています。そのまま1929年の世界大恐慌に至りますが、光学資産の発展という意味では実り多い時期だったように思います。

 幻のエルノスターがシネゴールであるという根拠はなく、そもそもシネゴール自体の個体数がどれぐらいあるのかもわかりません。かなり少数と思われ、レンズ構成も含めてよくわかっていません。vademecumによると25mmのキノとプロジェクター用レンズで、f1.2とf1.5が見つかっている他、50~100mm f2.0~2.5が存在するとあります。50mmはf2です。ゲルツでこんなに明るい玉はドグマーぐらいしかないし、「・・ゴール」という名称から、シネゴールがこの幻のエルノスターである可能性が極めて高いことになります。当時1920年代にf2と制限しているということは50mmもプロ仕様のキノだった、名称がシネゴールですから当然キノだったことになります。ハリウッド向けを意識してシネと英語にしたのでしょう。キノ・ダゴールを短縮して英語化したものと思われます。その後、1940年にゲルツ・アメリカが改良型のアポゴール Apogor(米特許 US2260368)を出しました。アポ、つまりアポクロマート(色収差補正)仕様に進化したシネゴールです。エルノスター型の原形とされるウルトラスチグマットも米国の設計でしたし、米人はエルノスターが好きなのかもしれません。ゲルツはこの後も色消しに拘り、ダゴール型の最終形アーター Artarもアポを示すドットが入れられていました。

 シネゴール Cinegor(独特許 DE428825)。50mm f1.9。
シネゴール 光学図
シネゴール 縦収差図

 記載されている推奨の画角が40度しかないのですが、焦点距離50mm(45度)ではギリギリ実用範囲です。問題ないように見えます。これで50mmまで作っていたものと思われます。特許で示されているf1.9ではギリギリです。これをf2に落として製造したものと思います。ハリウッド関係者がf2を超えてf1.9に達したレンズに否定的だったようで、デニス・テイラーが米国視察でそういう感触を得たのでスピード・パンクロはf2になったようです。キノ・プラズマートもプロ用がf2だったのはそのためでしょう。f1.9に突入すると我々の言うところの味が出てきますのでこれを嫌ったということなのだと思います。どうしても商品として納品となるとこういうロジックになりますね。プラズマートもf1.9に変えましたがシネゴールも同じようにf1.9にしたいところです。


 シネゴールは、1つにアポゴール、もう一つはプリモプランへと枝分かれしました。この両方を参考のために見ておきます。「・・プラン」という名称もゲルツ発祥です。

 ゲルツ・アメリカのアポゴール Apogor(米特許 US2260368)は、2つ載せられていてf2.2とf1.8があり、レンズ構成はほぼ同じです。先にf2.2の方を50mmで出してみます。やはり画角はもう少し狭いようです。口径の方もf2.2はありません。それでこれをf2.3で生産していたのではないでしょうか。球面収差の乱れも幾分カットされます。どの絞り位置でも色消しされるということで、こういう設計になったのかもしれません。
アポゴール f2.2 光学図
アポゴール f2.2 縦収差図

 f1.8です。この2つのアポゴールはシネゴールに比べて収差を減らしており、色収差についても+-0.1mm以内に収めたアポクロマート仕様になっています。ゲルツはスチール用のダゴールで最終的にアポクロマートのアーター、キノでは同様にアポゴールで完成し、そしてシュナイダーに買収されて消えていきました。アポゴールはキノなのですが、しかしこれもダゴール的です。均整の取れた描写ですが、端に行くに従い光量が減るように設計されているように見えます。光線も捻ってあります。シネゴール以上にガラスを厚くしています。
アポゴール f1.8 光学図
アポゴール f1.8 縦収差図


 比較のためプリモプランの方も確認しますが、戦前と戦後で設計がおそらく異なります。どちらも生産されていました。先に戦前の1936年設計(独特許 DE1387593)から確認しますが、これはf1.5で画角も狭く、焦点距離は65mmです。メイヤーでは球面収差をオーバーにするようになったようです。これをさらに比較のためにf1.9でも収差図を出しています。
プリモプラン1 光学図
プリモプラン1 縦収差図f1.5
プリモプラン1 縦収差図f1.9


 戦後(独特許 DE724605)も確認いたします。2種類記載されています。こちらはスチール用と思われます。
プリモプラン2 光学図
プリモプラン2 縦収差図2-3
プリモプラン2 縦収差図3-4
 画角が40度なので58mmで生産されていました。それを50mmで収差図を出しています。f1.9です。絞りの位置を変えてみました。絞りを2-3枚目の間に置くと(収差図1)背景のボケにかなり硬質なざわつきが出る筈です。その方がゲルツ的ですが、スペースも狭いですし、3-4枚目(収差図2)の方が優秀です。ですからメイヤーでも2-3枚目に置いてゲルツ式が踏襲されているのは驚きです。エルノスター型に対してもどこまでもダゴール的描写を求めていたのでしょうか。

プリモプラン3 光学図
プリモプラン3 縦収差図2-3
プリモプラン3 縦収差図3-4
 2つ目の設計でも同じ条件です。こちらは絞りを後ろに置くとケラれるようです。40度でも角に暗さが出るかもしれません。いずれにしてもこれは前なんでしょうね。画角を大きめに取り過ぎていることにも注意して下さい。


戻る

Creative Commons License
 Since 2012 写真レンズの復刻「無一居」 is licensed under a Creative Commons 表示 2.1 日本 License.